延滞税

このエントリーをはてなブックマークに追加
28年分の延滞税については
申告期限から2カ月以内 年2.8%
申告期限から2か月後 年9.1%
となると思われます

したがって、本来の税金が600万円で
申告期限から、8カ月たった場合には
600万円×2.8%×2カ月/12=2.8万円
600万円×9.1%×6カ月/12=27.3万円
延滞金の合計は30万円ほどになる


例えば相続税の申告期限までに申告しなかった
期限後申告の場合には
例えば相続税が600万円の場合×5%=30万円
が最低でも無申告加算税として課税される
と思われます。

調査官が調査の予告をしたり
調査に来てしまった場合には
上記5%が15%以上になり
課税されると思われますので
ご注意ください。