相続税の対象となる財産とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続または遺贈により取得したすべての財産です。

動産不動産現金有価証券預貯金売掛金債権等

金銭評価できるすべてのものが

まれます。

 

被相続人一身専属していた権利及義務は、

相続対象となりません

 

みなし相続財産

相続遺贈取得したものとみなして課税されま

す。代表的なもの

    生命保険契約

損害保険契約づく死亡保険金

被相続人死亡によりける保険金

保険料被相続人負担したものです。

 

被相続人死亡によりける保険金であっても、

 

保険料相続人等受取人

負担しているときは

所得税一時所得)の課税対象となり、

保険料被相続人または相続人等

受取人以外負担しているときは

贈与税課税対象となります。

 

      死亡退職金

被相続人退職手当金等で、

その死亡により相続人等支給けるもの

 

被相続人雇用主から

弔慰金等

支給されたものであっても、

死亡当時における

賞与以外給与額半年分

(業務上死亡であるときは3年分

える部分は、

退職手当金してわれます。

 

生命保険契約する権利

保険事故発生していない

生命保険契約で、

被相続人保険料負担し、

つ被相続人以外契約者であるもの。

 

相続税非課税財産

 

墓地

仏具

国等への寄附

 

生命保険金のうち

法定相続人人当たり500万円

 

死亡退職金のうち

法定相続人1人当たり500万円 

は、相続税はかかりません。

 

生命保険金死亡退職金

非課税金額計算における人数

は、のようになっています。

1.法定相続人には相続放棄したむ。

 

被相続人に養子がいる場合

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

 

める養子実子とみなされ、

養子についての人数制限

対象外とされます。

 

特別養子縁組による養子

 

その被相続人配偶者実子

被相続人養子となった

 

被相続人との婚姻前

被相続人

配偶者

特別養子縁組による養子となった

で、

婚姻後にその被相続人養子となった

 

被相続人実子若しくは養子又

その直系卑属

相続開始前死亡し、

相続権ったため

わって相続人となったその

直系卑属やひ)は、

実子とみなされます。

 

相続税基礎控除額

相続税総額適用も上記

人数制限適用されます

 

遺産にかかる基礎控除

平成27日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数

 

純遣産額算出

まず、被相続人財産

金銭評価し、総遣産額計算します。

 

-債務葬式費用控除し、

 

+相続時精算課税制度適用財産

(相続時精算課税適用財産は、

贈与価額

相続税課税価格加算

 

+相続などにより財産取得した

相続開始前年以内

暦年課税贈与けた財産

特定のものはきます)

=(課税価格合計額

 

課税遺産額算出

(課税価格合計額

「遺産にかかる基礎控除額

=課税遺産額

 

遺産にかかる基礎控除

平成27年1月日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数

1.法定相続人には相続を放棄した人を含む。

 

被相続人に養子がいる場合は

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

・実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

 

次に定める養子は実子とみなされ、

養子についての人数制限の

対象外とされます。

 

特別養子縁組による養子

 

その被相続人の配偶者の実子で

被相続人の養子となった人

 

被相続人との婚姻前に

被相続人の

配偶者の

特別養子縁組による養子となった

人で、

婚姻後にその被相続人の養子となった人

 

被相続人の実子若しくは養子又は

その直系卑属が

相続開始前に死亡し、又は

相続権を失ったため

代わって相続人となったその人の

直系卑属(孫やひ孫)は、

実子とみなされます。

 

「課税価格合計額」が

遺産にかかる基礎控除額以下であれば、

相続税申告必要ありません。

 

小規模宅地配偶者税額軽減等

特例適用することによって

基礎控除以下場合は、申告必要です

 

各相続人等算出税額

 

相続税総額を、

実際取得した遺産額じて按分し、

各相続人等負担すべき税額算出

 

税額加算

遺産取得した人が

被相続人配偶者および

親等血族でない場合

は、その相続税額に、

その20相当額加算されます。

)「1親等血族」には、

被相続人養子まれます。

ただし、被相続人直系卑属)は、

被相続人養子になっていても、

被相続人直系卑属)が

相続開始前死亡したときや相続権

ったためその

代襲して相続人となっているときをき、

この場合一親等血族にはまれません

 

配偶者税額軽減

 

配偶者が、相続または遺贈により財産取得している場合には、

金額金額までは相続税

されません。

   千万円

配偶者法定相続分相当額

 

仮装またはぺいされていた財産対象

なりません。

配偶者税額軽減けることによって、

相続税額が「0」となっても、

相続税申告書提出必要です

 

申告期限までに遺産分割まらない場合

配偶者税額軽減けることはできません

 

ただし、相続税申告書又更正請求書
申告期限後3年以内分割見込書

を添付したで、
申告期限までに分割されなかった財産について
申告期限から3年以内分割したときは、

税額軽減の対象になります。


なお、相続税申告期限から

3経過するまでに

分割できないやむをない事情があり、

税務署長承認けた場合で、

その事情がなくなった翌日から

4月以内分割されたときも、

税額軽減対象になります。

 

相続開始前年以内に、被相続人から贈与

受けている場合

遺産取得したが、

相続開始前年以内に、被相続人から

贈与受けている場合

 

その財産贈与税配偶者控除適用けたものをく)

は、相続財産加算されるとともに、

その財産について課税された贈与税控除します

 

税額控除

 

未成年者控除

財産取得したが、

20歳未満相続人

相続放棄があった場合には、

その放棄がなかったものとした場合相続人

である場合


改正前
6万円×(20歳一相続開始時年齢

平成27年日以後
10万円×(20歳一相続開始時年齢


障害者控除

財産取得したが、

日本国内住所する

障害者で、かつ、

相続人

相続放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合

続人)である場合

改正前
一般障害者場合万円×(85歳一相続開始時年齢
特別障害者場合2万円×(85歳一相続開始時年齢

平成27年日以後
一般障害者場合10万円×(85歳一相続開始時年齢
特別障害者場合20万円×(85歳一相続開始時年齢

 

相次相続控除

今回相続開始前10年以内被相続人

相続、などによって財産

取得相続税されていた場合には、

その被相続人から相続などによって

財産取得した相続人ります。)

の相続税額から一定金額控除します。

 

相続税申告

 

相続等(課税価格合計額

が「遺産にかかる基礎控除額」をえ、

納付税額算出

(小規模宅地軽減

配偶者税額軽減などを適用しないで計算

されるときには、

相続開始のあったことをったから

10ヵ月以内に、

死亡時住所地所轄税務署長

申告書提出しなければなりません。

申告期限までに遺産分割まらない場合

各相続人法定相続分割合

取得したものとし申告する必要があります。

その分割まった時点で、

修正申告または更正請求をします。

 

申告期限までに遺産分割まらない場合

配偶者税額軽減

小規模宅地軽減等

けることはできませんので、

税額軽減がないものとして申告納税します。

申告期限から3年以内遺産分割われて

税額軽減けることができた場合

更正請求」または「修正申告」をいます。