遺言

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

遺言

被相続人遺言していれば、

遺言通りに遺産分配われます。

ただし、相続人の「遺留分」を

すことはできません。

(民法特例く)

 

遺留分とは、

被相続人

兄弟姉妹以外法定相続人

保障されている資産承継

権利です。

被相続人による

生前贈与遺贈遺言等によって

遺留分侵害された場合

一定割合財産返還金銭による

価額弁償けることができます。

 

遺産分割協議

被相続人遺言がなければ、遺産分割

相続人いで自由

めることができます。

この協議分割では、

法定相続分通りでなくていません。

 

    

 15したは、

すべて遺言をすることができます

 

遺言通常

遺言証書」によってしなければなりません。

しかし、死亡危急った

一般社会隔絶した場所にあるため

通常方式による遺言ができない場合には、

特別方式による遺言をすることができます

 

民法規定する方式によらないものは、

すべて無効になります。)

 

 遺言は、停止条件した場合

遺言者死亡からその効力じます、

 

遺贈によって取得した財産取得時期は、

通常遺言者死亡であり、

相続税課税原因発生します。

 





2018年9月6日